« くるくるショップ大整理 | トップページ | 徳島LEDアートフェスティバル2010にっっ!! »

環境首都とくしま創造センター「エコみらいとくしま」

さ、財布がない(lll゚Д゚)

 

って、最近よくワタワタしているキョクチョーです。

結局あるんですけど。いつも心配をかける方々、すいません…

 

さて、今日は沖州の方へ出張に行っていました。

何用かと言われれば、今度徳島の環境サービスワンストップ化のために県が主体となって作ったNPO「環境首都とくしま創造センター」の活動拠点、「エコみらいとくしま」のオープニングセレモニーがありました。

100413_110701

 

実は私、そのNPOの理事にもなっておりまして、知事の後ろの後ろの席にちょこんと座っておりました。

 

これから、徳島県内の色んな環境活動の窓口がこのNPOになります。利用されるかどうかは、これからが勝負ですね。

太陽光発電の補助申請の受付も行う予定ですので、これからもご愛顧よろしくお願いいたします。

 

それが終わってドタバタ帰ってきて、すぐに視察の対応を行っていました。勝浦郡と名東郡と名西郡の議長たちが来られたのです。

今年度初めの対応だったことと、紙資源の搬出と重なってしまったこととで、臨機応変×臨機応変みたいな感じでしたが、近くの町村だけあって、みなさまの質問も、その回答の理解もなんか相通じる物がありました。

 

けれども、まぁ最後に隣町の議長様より一言。

「上勝町民が勝浦町のゴミ袋を買って、勝浦町へごみを出しに来ている」

 

痛いお話でした。それでも、それは事実の話。

受け止めて改善していく策を考えていかねばなりません。

 

そんな答えをしていたところ、上勝町の新しく議長に就任されたF田さんが、「それは議員に言ってくださいって言えばいいよ」って言ってくださったんですね。

 

ちょっと感動しました。守ってくださったんですね。

ごみのことと言えば、うちに丸投げされることがほとんどなのに、F田さんはそれを議員として受け止めてくださったんですね。

 

たったそんなこと?って言われるかもしれませんが、私は嬉しかったんです。

他の議員さん方も、それは上勝だけでなくてどこの町でも同じことだろうって言っておられました。

みんな、どこの町でも悩んでることは同じなんですね。

 

一番大事なことは、もちろん慰め合うことではなく、どう改善していくか、行動の部分です。

 

ひとつのアクションだけでは、多分何も変わりません。複合的な要因が渦巻いていると思うので。だから、とりあえず思いつくことは、やってみる。大きな方向性があれば、具体的手法は無限にある。壁があれば乗り越えればいい。そんな感じに思っています。

 

|

« くるくるショップ大整理 | トップページ | 徳島LEDアートフェスティバル2010にっっ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くるくるショップ大整理 | トップページ | 徳島LEDアートフェスティバル2010にっっ!! »