« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

第4回豊島学(楽)会研究発表会

見て、見て!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私、キョクチョーが撮ったのです!

シロートカメラ小僧ですけど、なんか変わったのが撮れました!ちょっと自己満足ですねぇ。へへ。

4/25 0時くらいの香川県豊島の「アモーレ テシマ リゾート」からの景色です。

月が明るかったので、星はあまり見えませんでしたね。それはそれで残念でした。


さて、そんな美しい島で起こった事件、皆様ご存じですか?
知らない方のためにざっくりとお伝えしますね。

1978年から13年間、ミミズ養殖場と称して、業者が有害な産業廃棄物を不法投棄・野焼きし続けました。本来なら香川県がそれを取り締まるはずなのですが、逆に業者を擁護し、香川県警が摘発する1990年まで野放しにしてきたのです。

県を信じ続けた住民に残されたのは、66万トンもの有害産業廃棄物。一大決心をして公害調停に持ち込み、様々なドラマを経て、ようやく成立した2000年から10年目を迎えました。
廃棄物の無害化処理は、現在で55.6%まで進んでいますが、処理完了まであと3年というなか、処理が終わった後の復興策について、これからどんどん議論されていくそうです。

ものすごく端折ってしまいましたが、この戦後最大級の不法投棄事件について、住民・関係者の方々の思いは涙無しには語れないと思います。ぜひ本やインターネットで検索してみてくださいね。


概要説明の終わったところで、現場の説明に入ります。



その産廃を不法投棄し続けた業者の元事務所です。今は「豊島のこころ資料館」となり、様々な資料が展示されています。



産廃で埋め尽くされた海岸線の模型。



廃棄物を撤去し、元のキレイな海岸を復活させるとこうなります。



これ、全部有害な廃棄物。
前日に雨が降ったそうなので、大分水が貯まっています。
これ、もちろん汚染されてます。ダイオキシン濃度高いです。

こんな雨水が海に流れ出していかないように、遮水壁・シートや、排水処理施設があります。



これが、遮水シート。水は通さないけど、蒸気は通す。
そして、手前の道路に見えるところの地下に遮水壁があります。



手前の倉庫のようなのが、高度排水処理施設で、奥が中間保管・梱包施設。
中間処理の施設の方で、ビデオも見れて、現場を一望できます。



中間処理を終えた後、このトラックに乗せられ、専用船で直島まで行き、直島の溶融炉で処理されます。

現場見学を終えて、簡単な感想を。

やっぱり、現場に行かないと全然感覚が分からないことを改めて学びました。
頭で理解していたって、そんなの何にもならない。

不法投棄現場の匂い、水の色、何が出てくるか分からない山。
フワフワの、自然が作り出した土とは全く異質の土らしきもの。

少し顔を上げて周りを見渡せば、美しい瀬戸内海の島々。

汚染物質が流れ出ていたとは思えないほど回復した海岸線。


なぜ、こんな状況になったのか。
できるだけ多くの人に知ってもらうため、またたくさん連れて再び訪れたいと思います。



そんな感じで終わったあと、ようやく午後から研究発表会の始まりです。
最初に、上勝町に関する基調講演があって、地元の婦人会の方々も来てくださってました。
一般廃棄物に関しては、そんなに分別もしていないようで、上勝の手法が新鮮だったようです。

その後に、色んな研究をされている方6名が、それぞれ発表をされました。

豊島学会は、早稲田大学の教授が代表委員にもなっており、共同研究のようなものも複数ありました。実は、その教授、色んな法律・制度を作る際の検討委員を歴任されていた方で、家電リサイクル法については、次は事前に払う仕組みにしなきゃダメだ、ともおっしゃっていました。制度設計の難しさもちらっと聞くことができて勉強になりました。



早稲田の方の発表の様子。
学生の豊島に関する授業後の感想文を特殊なソフトでキーワード分析したそうです。
座学だけで学んだ学生と、現場に来て学んだ学生では、感想文に使われるフレーズや言い回しが異なってきて、現場に来た学生の方が、「豊島」について深く考える傾向が分かったそうです。



発表の他にも、展示物もたくさんあったり、地元のお母さんが裁いてくれた刺身やおにぎりの振る舞いがありました。旨かったですね~。

やはり、地産地消が一番ですね!!


この学会には、毎日新聞、読売新聞の新聞記者も計3名来ていて、未だに注目の高さを伺えます。しかし、一般市民には関心が薄れてきているようで、現場見学の申し込みは減ってきているそうです。

豊島は、投棄物がなくなった後の振興策を考えていく段階に入っています。

上勝からは、やはり葉っぱビジネスから何か得るものはないかと考えているそうです。
調停に名を連ねた約500名の方のうち、半分近くが亡くなられ、だんだんと高齢化も上がっていく状況の中、上勝に重なるところがあるんでしょうね。


豊島と言えば、今年行われる「瀬戸内国際芸術祭」の舞台にもなっています。
もちろん直島も。

アート見るだけでなくて、豊島も直島も処理施設(現場)を見てもらいたいものですね。

| | コメント (0)

男の値打

皆様お疲れ様です。どうも最近尻が痛い青木です。痔かな・・・


本日はどしゃ降りで御座いまして、こんな日はゴミステーションへの持ち込みも少なく、ショップの整理に時間を割かせて頂きます。

と申しますのも、くるくるショップに持ち込まれた品物を魅力的にディスプレイして、お客様に気持ち良く持って帰って頂くことも、私の重要な仕事だからです。


本日、整理中にこんなものが持ち込まれていることに気がつきました。





ブラジャー。

いや私も、ブラジャーひとつでテンション上がるような思春期でもないので、しばらく放って置きました。

以前、私のような加齢臭漂う中年がぬいぐるみのほこりを丁寧に払っているのを爆笑されたこともあり、今度も丁寧にブラジャーのほこりなど払っていたらどんな濡れ衣を着せられるかわかったものではないのです。

そもそもブラジャーのディスプレイ方法など見当もつきません。



しかし何度か見て見ぬフリをする内に思い直しました。



「男は、どうしていいか分からん時が一番面白い。」

これは私のお気に入りの漫画の台詞です。


自分の経験したことのない状況に遭遇し、どうしたらいいか見当もつかないというような場面においてどう振る舞うか。それが男の値打ちを決めるということです。


ブラジャーをどうディスプレイすれば魅力的か。私の無駄に長い人生と云えども、女性用下着がどうディスプレイされているかをじっくり観察したことは無く、相談する相手もありません。


正しく、「どうしていいか分らん。」



私は今、ブラジャーひとつを目の前に、男としての真価を問われているのです。




どうする? とりあえずハンガーに掛けてみるか?




無難だし悪くはないが、明らかに「浮いている。」 

男の見せ場でこんなみっともない回答は出せない。



横に吊るすか?




いや、よけい悪くなった。


どうする?


そうだ! こんな時は「合わせ技」だ。

以前、空気を入れて膨らませるおもちゃの王冠があった。




これをミニーマウスのぬいぐるみにかぶせて「プリンセスミニー」にしたことがある。



これはゴージャスだ!

今度もこの手で行こう!


例のブラジャーをミニーマウスに・・・



駄目だ! 絶対に駄目だ!!

くるくるショップにきて下さったお客様を不快な気分にさせることは、分かり切っている。



・・・

どうしていいか分からん・・・






結局困り果てた青木は、無難に洋服の上に置いたとさ。


私青木の真価が問われ、落第した雨の一日でした。

それでは皆様御機嫌ようm(_ _)m

| | コメント (2)

GWイベントのお知らせ

ついにゴールデンウィークがやってきます。もう頭の先が見えてます。

それでも隠れているつもりかっ!m9(・∀・)ビシッ!!」って感じでしょうか。

4月13日に上勝カフェ化イベントを行って下さった「カフェ・ド・パウゼ」さんが5月4日に「くるくるカフェ・第二弾」を行ってくれるお話はお伝えしましたが、なんとその前日の5月3日に「ル・キャフェ・ド・パタティ・パタタ」(徳島市吉野本町3丁目34-3)のオーナーS摩さんがイベントに参戦してくれることになりました。

通称「パタティ・パタタ」。なんとリズムがいい名前でしょうか。以前よりイベントをお願いしておりましたところ、パタティ、パタタッ!とご参画して頂き、嬉しい飛び込み参加となりました。このS摩さんは上勝に在住するS摩さんのお兄さんなんです。上勝好きな人が上勝のためにいろいろとやって下さる…実に素晴らしい事です。

これにて3日「ル・キャフェ・ド・パタティ・パタタ」4日「カフェ・ド・パウゼ」と2日連続カフェ・イベントが続くわけです。素晴らしい!みなさんぜひお越しください。出来れば2日間ともお越し下さい。せっかくの機会なんです。待ってますからね。ええ。

Amon Amon2

■モンブラソとモンブラソ

さて、パウゼさんの方は事前注文を受け付けております。以下のメアドより「5月4日に●●を●個持ってきて下さい」というメールを送っておけば、ご返事下さるとのことです。もちろんファックスでも大丈夫です。注文後は必ずメールかお電話でお返事をくださるとの事です。

pause☆mvf.biglobe.ne.jp ☆を半角@に変えて下さいね。

■カットケーキ
A.モンブラ 400
B.苺のタルト 320
C.チョコタルト 370
D.フランボワーズのババロア 400
E.りんごのタルト 270
F.プリン 160
G.苺ショート 420
H.ガトーフランボワーズ 340
I.ロール ココナッツ 320
J.ロール キャフェ  320
K.ガトーサンマルク  340
L.タルトシブースト  370
M.ミルフィーユ    320
N.パラダイス     420
O.ビシュロン(チョコ) 370
P.パリブレスト     340
Q.抹茶のエクレア   320
R.レアチーズ     370
S.プディンオショコラ 270
T.パッションとチョコレート 370
U.ディジョネーズ  400
V.サバラン 400

■ホールケーキ
W.「生クリームにスポンジ 季節のフルーツ」 
X.「チョコ生クリームに 季節のフルーツ」
Y.「マカロン」(全部で18種類) 
Z.「カヌレ」2個 320

パウゼ・オンラインショップ http://pause-onlineshop.ocnk.net/

05

さて、最後は、5月5日に行われる「くるくるカヤックツーリング」正木ダム・美愁湖でのカヤックイベントです。今回も徳島市南矢三町「妙福寺」の知る人ぞ知る「2人乗り・坊さんカヤック」をイベントにご提供頂ける事が決定、これでガンガン楽しめるはずです。

今回のツーリングは第一便は、月ヶ谷温泉キャンプ場横のコンクリート通路より発進、そして正木ダムまで約2時間弱の行程を楽しんで頂きます。今回は前回と違い「見どころ案内ガイド」を付けますので、よりロングコースの本格ツーリングとなるでしょう。第一便の参加者が見られる風景は以下の順番です。

●第一便は月ヶ谷温泉キャンプ場よりスタート
 大岩→最後の滝→段々畑→日浦橋→謎の自転車置き場→癒しの大空間→ひだまり下→いっきゅう茶屋下→
     タコの根っこ→どんぐり岬→砥石の滝→苔の岩→誰かのお墓→そうめん滝b→そうめん滝a→日本カモシカの水飲み場

●第二便は正木ダムよりスタート
 日本カモシカの水飲み場→そうめん滝a→そうめん滝b→誰かのお墓→苔の岩→砥石の滝→どんぐり岬→
     タコの根っこ→茶屋下→ひだまり下→癒しの大空間→謎の自転車置き場→日浦橋→段々畑→最後の滝→大岩

06 ■第二便のゴール地点(=第一便のスタート地点)

■参加費:1名3000円(町内の方は1500円) 

※参加費にはレクリエーション保険500円が含まれております。

■第一便:午前10時「くるくるハウス」へ集合。(2人乗り2艇と1人乗り3艇の合計7名)
■第二便:午後13時30分に「くるくるハウス」へ集合。(2人乗り2艇と1人乗り3艇の合計7名)
※今回の集合は第一便、第二便ともに「くるくるハウス」です。お間違えの無いようにお願いします。

■必要な持ち物:軍手、濡れても良い靴、飲み物。

沈する事はまずありませんが、パドルに着いた水滴を被ることがあります。人によっては頭がびちゃびちゃになることも。「くるくるハウス」の方でお風呂を沸かしておきますので、必要な方はどうぞご利用下さい。

先着順にご予約を承りますのでお電話下さい。(予約専用℡:090-6285-1919)

最後にもう一度整理を

/3(・月)Le Café de patati patata

/4(・火)Café de pause

/5(・水)くるくるカヤックツーリング    

| | コメント (0)

イベント「絵本の日」報告とその他の報告

P1100399

春は胸ときめく季節!昨日はタバコの吸いすぎで、どちらかというと肺までときめいているのゼロ谷です。今週は、実にこじんまりと忙しい一週間でした。それはどんな風か?と問われるならばこう答えて差し上げましょう。

~直径1センチ位のみたらし団子がいっぱい重なって、

       直径3センチ位のみたらし団子へと大きくなっているような感じ~

みたらし団子は粘いので、隣の団子と一緒になって同化しかけているんだけど、なんとかひっつく寸前に引き離し成功!

よっしゃぁヽ(´▽`)ノ   …と思ったら違う奴が反対側にへばりついていたっ!

こんな感じでした。しかし、忙しいことは幸せなことです。向かう目標があるんですもの。ねえ。さて、そんなみたらし団子な一週間を3段逆スライド方式で見ていきましょう。

P1100411■散らかし放題だっm9(・∀・)ビシッ!!

まずは一番最近から。
4月25日の日曜日、「くるくるハウス」イベント“くるくる広場・絵本の日”は、春の日差しが降り注ぐ暖かい中で無事終わりました。今回のイベントは「くるくるハウス」初の子供向けイベントであったのです。町内の子供さんとお母さん、町外の親子さん、そしてあきらかに独身なのに!って感じのおじさまとか、合計25名(大人16名、子供9名)が集まって下さいました。

ぽかぽかと暖かいハウスの中で、教育委員会のS開さんが張りのある声で絵本を読み聞かせて下さいます。上手い人が読めば、絵本は絵本を通り越して“シンプルな双方向メディア”となってしまうのです。子供の表情を見ながら工夫しつつ、読み聞かせるテクニックが素晴らしい!

ふと、思い出します。そういえば、俺もよく絵本を読んでもらったよなぁ。就寝前に読んでもらった本は、今でも覚えているような気がしたもんなぁ。もう覚えてないけど…

P1100406■暴れ放題だっm9(・∀・)ビシッ!!

懐かしさとともに、絵本のあるべき姿を見せて頂きました。ようし、ゼロ谷も結婚して子供が出来れば、いっちょ読み聞かせて差し上げよう!と思いましたが、もう遅いかもしれません。反対に言い聞かされそうな予感もします。

おやつの時間にはY中のぼさんが、体に優しいおへぎを焼いて下さいました。これがまたコツのいる作業でして、何回となく挑戦しましたが、のぼさんの様には焼けません。あっちが焦げたり、芯がのこってしまったりと非常に難しいのです。

P1100413 ■のぼさんの芸術的なおへぎ焼き

あんまり上手い事できないので思わず、クヨクヨしそうになったゼロ谷ですが、いかん!このままでは「クヨクヨハウス」になってしまう!と思い直して、全身全霊を込めて焼きました!それでもあきません。こうなりゃ、のぼさんの作ったやつを食べましょう。もちろん子供たちにも大人気。体に良くて、懐かしくてほんのり甘いおへぎ。何十年も前にタイムスリップしたようなノスタルジックな一日でした。

P1100402 ■木のおもちゃ

絵本の他には木のおもちゃもあります。遊び放題の散らかし放題!「くるくるハウス」ならではの開放感とあいまって、お母様の精神の開放もできるはずです。なんと授乳室も完備していたのでした。

ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。この企画は毎月一回程度のペースで続けていきますので、どうかこれからもよろしくお願いします。

P1100379 ■鳥居滝

4月24日は「第1回カミカツーリズム町内視察」が行われました。旅行商品開発にかかわる町内の企業、グループが集まって会議を重ねた結果、自分たちが見たことない、経験したことが無い観光資源は決して旅行者に伝えられないのではないか!ということで、実際に経験してみよう!という企画が行われたのです。

P1100386■ふいご滝

第1回は「あまり知られていないけど素晴らしい滝を巡る」といテーマをもって「鳥居滝」、「ふいご滝」、「犬の尻の淵」の3つを目指して7名が出発したのでございました。元私設探検隊のゼロ谷にとっては行き慣れた場所ではありますが、普通に暮らしているとあまり関係のない場所でもあります。しかし、飛びぬけて素晴らしい町の観光財産でもある訳です。

名所をそのままにしておいては“ツーリズム”という言葉が泣きます。

「よしよしいい子だ、泣くなぁツーリズム」そんな感じでしょうか。

「ツーリズム。疲れたろう?僕も疲れたんだ…。なんだかとても眠いんだ…ツーリズム…」

こっちが近いかな?全然違う?ああそうですか。

Dsc_0076 ■犬の尻の淵とAやちゃん

滝といっても、車を下りればすぐ見られるような簡単なものではありませんが、登山と同じように歩けば必ずいつかは着くという、達成感のあるそんな滝なのです。実際に行って、目の当たりにするなら本当に感動モノです。自分の目で見たモノならば、素晴らしい感動を旅行者にも伝えられるはずなのです。

Dsc_0081 ■農家民泊「里がえり」にて

夜は、町内では数少ない農家民泊の施設「里がえり」と「わっか」へ別れて泊ります。

去年の11月にも長野県飯田市へ視察に出かけました。あの時、“施設や食事の豪華さは関係ない。最後は受け入れる人の人間性なんだ”と書きました。上勝町内の農家民泊でももちろん同じです。ゼロ谷が居たグループは「里がえり」の経営者、植松さん夫妻の暖かさに触れて感動と想い出をもって帰路に着いたのでした。

Dsc_0066

4月23日はタウン誌「050」の取材がありました。今回の取材は「体験宿泊施設」にスポットが当たったものなのです。今までは“杉で出来た家”“オール県産杉の家”と(株)もくさん展示住宅関連で徳島県の林業関連の取材が多かった訳ですが、今回は初の「上勝生活体験施設・くるくるハウス」としての取材です。「こんなふうであんなふうなんです」となんやかんや含めて、思いの丈を語りましたとも。ええ。しかもカメラマンはお馴染のフォトグラファー中野晃治氏です。どんな誌面になるか乞うご期待。5月号に掲載されるそうです。見かけたら、ぜひ買って下さいね。

午後には環境とまちづくりに勤めておられるK瀬さんの「こいのぼり新作品」(S美さんの記事で紹介済み)の取材がくるくるハウスにてありました。今や、取材と言えばくるくるハウスを使え!こんな雰囲気でしょうか。いやいや、ゼロ谷としても大賛成です。(株)もくさんの展示住宅、上勝生活体験施設といろんな側面を持つ、「くるくるハウス」です。取材の日には「撮る撮るハウス」と名前を変えてもいい!とさえ思います。変えませんけどね。皆様ぜひ使ってやって下さい。よろしくお願いし致します。

| | コメント (0)

豊島から帰りました(+o+)

豊島から帰りました(+o+)
今徳島駅のキョクチョーです(^o^)/

豊島の海もキレかったけど、徳島城公園の新緑もキレイですよ!

さて、詳しい報告は後にして、まずは昼からの絵本読み聞かせ、頑張ってきます(>д<)

| | コメント (0)

海だ〜

海だ〜
海だ〜
海だ〜
今日は豊島で講演です(^o^)/

高松から朝一のフェリーに乗りました!

初めての場所は不安ですね…フェリーに乗れなかったら話にならない(^_^;)

いっぱい船が入ってくるもんだから、これか?これか?みたいな(笑)

けど一番小さな船でした。それにお客様殺到!こんなに乗れるのか?…

| | コメント (0)

こいのぼり新作品

今日も天気の悪いかみかつです。風は冷たいし、雨は降りそうだし・・・4月下旬というのに変な天気ですね。S美です。

みなさん風邪などひかないようご注意くださいね。

今日は、ひだまりに素敵な作品が届きました。これ、何を使用しているかわかりますか?

  

Photo_2 そうです。ゼロ・ウェイストらしく、こいのぼりです。

ひだまりの倉庫にある、たくさんのこいのぼりのなかから、

環境とまちづくりのK瀬さんが、お知り合いの方に特別に作っていただいたスツールです。こいのぼりは生地も弱いので職人泣かせのようでしたが、座り心地もいいですよ。

このスツールは、くるくる工房に展示しておりますので、ぜひ見に来てくださいね。

 

それと、もう1点。

Photo_5 これは・・・

 

これも実は、ひだまり倉庫に眠っていた帯を使用した『ファブリックパネル』です。

帯のどの部分を使用するかでイメージも変わってきますが、 和が素敵な作品です。

気持が癒されました。

 

これらを作ったのは、

こちら↓

徳島市末広町の大久保椅子製作所   http://www.ookuboisu.com/life.cgi

こちらでも上勝町が紹介されています。

スタッフからも、自分で作ってみたいとの意見もあり講習会も行われるかもしれません。その時にはお知らせしますのでお楽しみにnote

 

こいのぼりを使用した商品が次々とうまれています。うれしいことです。

今日から、毎年恒例、月ケ谷温泉前の空にたくさんの『こい』がおよいでいます。

週末、ゴールデンウィークは新緑がきれいになってきたかみかつへ遊びに来てくださいね。よい週末をお過ごしくださいconfident

 

| | コメント (2)

ラップって、そんなに使うものなんだ…

ごみの少ない生活を目指す女、キョクチョーです。

ゴミステーションに近い事務所で勤務していますが、自分のごみを出しに行くのは、せいぜいプラごみを3,4ヶ月に一度くらい、その他は半年に一度くらいの頻度です。

独身だし、ほとんど家に帰ってないじゃん!
っていうご批判は、全くもってその通りですが(笑)

まぁ、アカデミーで働いていると、自然とごみが少なくなる生活になるんですね。
だって、それが本職ですもの。

昨年度にお世話になったMっちゃんも、事務所での勤務を経験して
「みんな、1週間くらいアカデミーで働いてみればいいんだよ!」
と、言っていました。


それで、まぁそんなにごみのでない生活をしていると、この前、ショッキングなことに出会ったんですね。


ゼロ谷さんから、言われました。

「キョクチョー、ラップがなくなったけん買ってきて!」

別に一緒に生活しているわけではないですよ。
くるくるハウスでの一面なのですが、私的には

「は?」

という感じだったんですね。

「え?だって、まだ2ヶ月しかたってないですよね?」
「うん、そうやけど、もうないんよ。みんなようけ使ったんやなぁ」



くるくるハウスでは、上勝生活を体験してもらうために宿泊を受け付けています。
自炊するために必要なものは、ひととおり取りそろえております。
ラップも、「置きたくないけど、まぁ、ないと困る人はいるよね」、と思って
一応買っておいたんですね。ラップいらずのレンジ用ふたとタッパと一緒に。


だけど、ラップがなくなったんです。
あと、ティッシュとキッチンペーパーも。



アカデミーでは、全然必要のない3つが。

みんな、そんなに使うものなんですねぇ。


レンジしたいときは、ラップじゃなくてふたをすればいいのに。
保存したいときは、タッパに入れればいいのに。

テーブルが汚れたときは、ふきんで拭けばいいのに。
手が汚れたなら洗ってタオルで拭けばいいのに。


へ~。


けど、まぁくるくるハウスは、上勝生活を体験して、生活の「当たり前」って思ってることが、他の手法もあるんだって気づいてもらうための場所なんです。


懲りずに、レンジのふたを増やしました。数が必要なときに対応できるよう。

使用例はこんな感じ。



このまま冷蔵庫で一時保存もできます。レンジでチンもできます。

ちなみに、そのお皿の中に入っているのは、T子さんが作った「鹿肉チャーシュー」ですけど。
超旨かったっす。超柔らかくてね。


それに、最近くるくるハウスをご利用いただいた方が、こんな素敵なことを言っていました。

「缶のビールは、後の手間が大変やけん、今日は瓶ビール持ってきたわ」

なんと素晴らしい!!

すっごい嬉しかったです。


ビール瓶は、リターナブル瓶なので、アサヒなどメーカーの工場に戻って、またビールが詰められるんです。アカデミーおすすめの宴会のおともですな!

最初からこだわりの方なら、そんなに感動はしないのですが、その方は、くるくるハウスを数回利用することによって、缶から瓶へ意識が変わられたのです。

あ~、やってて良かった。


他にも、他にもあるんです!


ゼロ谷さんの記事にあるとおり、くるくるハウスで「CAFE DE PAUSE」を試みていますが、PAUSEを営まれている方は、上勝で住みたい!上勝でカフェをしたい!と言ってくれているんです。

そりゃ、I・Uターンを促進する「くるくるハウス」が力をお貸しするしかないですよね!
上勝で実際にカフェをしてみたら、どれくらいのお客様が来てくれるのか。
仕事が成り立つのか、生活できるかどうかも分からず移住はできないのは当然。

だから、くるくるハウスでお試しをしているのです。

最初の打ち合わせの時に、PAUSEさんが言いました。
「やっぱり、ごみが出てしまうのがまずいですよね」
私は、営業すればごみは出るのが当然と思っているので
「ゼロにしてから動き出すのでは、何もできないので、できる範囲のところから、徐々にごみを減らしていけるように、同じ意識を持っていましょう」と言いました。

そして、第1回のCAFEが4/13にOPENされ、お客様も上々、良かったなと思う反面、ごみの量を心配しました。

だけど、見てみると、中程度のビニール袋に半分くらいごみしか出てなかったんです。


「え?これだけなんですか?」

「ええ、それだけです。これだけは、やっぱり出ますね」

ゼロ谷さん曰く、
「ここで宿泊した人の方が、よっぽどごみ多いよ」


もう、意識が違いますね。
さすが、Aさんともつきあいが長く、上勝のことを良く理解されています。

「1回目だったから、少し多めのごみだったけど、次回以降はもっと減ります」

素晴らしい…
感服です。


こんな方に上勝町で営業してもらえたら、事業ごみもあんまり出ないし、上勝でカフェを待ち望んでいる方たちにも喜んでもらえるし、応援がんばらなきゃ!!!


ということで、再度第2回「CAFE DE PAUSE」の連絡です。

5/4(祝)11:00~20:00(予定)

どんなケーキがあるのか、お店のHPはこちら。

アトピーの人にむけたケーキもあるみたいですよ!!
見てるだけでも楽しいですねぇ






| | コメント (4)

お待ちしております♪♪

ほんとによく降りますね~~~~~rainrainrain晴れた日には新緑の美しい季節だというのに・・・恒例の!?「山笑う」が書けない~~~~~っっannoyannoy

とか言いつつ、本日家庭訪問を控えてドキドキしているお母んT子ですsweat01

         

新年度が始まり、わたわたしてたら(←私だけ?)来週から連休ですね!!

もうゴールデンウィークのご予定はお決まりですか?

上勝では月ヶ谷温泉を中心にイベントが開催されます☆

まずは、もう25回を数えるんですねっっ!!

「彩 恋 こい 鯉 まつり」 

5月2日(日)~5日(水・子どもの日)

詳細はお祭りのタイトル↑↑をクリックしてください(^_-)-☆

そして、くるくる工房も出店と臨時開店しようと考えておりまっす!!

     

5月3日(月・憲法記念日) 「くるくる工房」開店日

5月4日(火・みどりの日) 「こいまつり」出店

     

ワタクシの体が1つなため、両日開店・出店にできないことをご了承くださいまし・・・(-_-;)

その上、5月4日にはゼロ谷さんの予告にもありましたが、

上勝カフェ化計画「CAFE DE PAUSE 上勝版」

11時~20時(予定)   

「くるくるハウス」で行われますっっ!!

身内特権で先日のプレ・オープンにお邪魔させていただきましたが、

Img_8216 「ホウレンソウとベーコンのキッシュ」の美味しかったこと(T_T)→→

他のケーキも垂涎ものでございましたhappy02good  

久しくおされなかふぇ~~なんかに縁の無かったワタクシでしたがsweat02素敵なひと時を過ごさせていただきましたぁlovelyshine

こんなお得な休日プランが今まで上勝にあっただろうか!?いや無いっっ!!(反語)  

ぜひ皆さんにも体験していただきたいのです~~~~♪♪

お楽しみに(^_-)-☆    

 

そして来月の体験工房の予告っっ!!

5月16日(日)10:00~

「自分で作る布ぞうり☆」を開催しますぅ~~~~~good

定員:10名  参加費:500円    

やっとこの日が迎えられるのです(T_T)

講師は工房の商品をいろいろ自宅でお作りいただいている、M田さんっっ♪♪

おりおりに季節のお料理も作ってきてくれたり、アクがあって長時間さらさないと食べられない、タカキビのお団子も作ってくれる素敵なお母さんですshineshine

ほんと、上勝でいると飢えませんっっ(笑)

シカなんて初めて食べた時感動しましたから~~~(@_@。

・・・話がそれました(^_^;)

お問い合わせ、お申込みは

工房専用メール kurukurukobo☆zwa.jp (☆を@に変えてくださいね)までお願いいたします。

上勝でお会いできること、楽しみにしております☆    

| | コメント (0)

くるくるショップご案内

皆様、お疲れ様です。日本一のノーマルテンションブロガー青木です。

前回、くるくるショップの大整理を行っていると報告させて頂いたので、今回はその結果、ショップがどうなっているのかを大まかにご案内させて頂きたいと思います。

 

ごみステーション内で段ボール等を出した後、その奥に御座います「くるくるショップ」が皆様の目に入ってきます。

Img_8270

 

 

何かに導かれるように歩を進める皆様に、先ず、前回も登場いたしました「くるくるショップ店主」がご挨拶させて頂きます。

Img_8271

店主でもありショップの商品でもあるという二面性を持つこの店主。前回の私の心配もなんのその。誰に持ち帰られることもなく、ご挨拶を続けております。

 

 

店主の視線が気になり、振り返る皆様の前に「お持込みラック」が現れます。

Img_8272

計量が済んだお持込みの品はこちらに置かれて下さい。

左の水道も現役使用できますので、時間に余裕のあるお客様は、お持込みの一品を奇麗にしていただけると助かります。

 

 

自然と右を向く皆様を圧倒する生活用品と雑貨の棚。

Img_8273

Img_8274_2

当ショップで一番出入りが多い激戦地であります。

 

続いて右へ右へと流れて行くと、皆様に愛らしい視線を投げかけるぬいぐるみ達。

Img_8275

この雰囲気を愛でるも良し、手にとってその感触を確かめるも良し、で御座います。

 

しかしこの時気を付けなければならないこと。すぐ背後に食器の棚が迫っています。

Img_8277

ここも出入りの激しい主戦場と言えるでしょう。

 

食器の棚に配慮しながら、ぬいぐるみの先に進むと本のコーナーへと至ります。

Img_8276

昔懐かしい名著が並びます。

 

そしてここからは、品物が「身に付ける物」へと変化します。

まずはかばん類。

Img_8278

エコバッグからランドセルまで。隙間にぬいぐるみ達が遊んでいます。

 

そして真打ち登場、女性用衣類。

Img_8279 

Img_8281

マダムにもマドモワゼルにもご満足頂けること請け合いです。

ちなみに本日、さるマドモワゼルが嬉しげに「もんぺ」をお持ち帰りになりました。

上勝町ならではといったところでしょうか。

 

最終コーナーにて皆様を待ち受けるのは子供服。

Img_8280

2度3度と持ち主を変えながら、受け継がれていくリユース品の代表格です。

 

最終コーナーをやり過ごすと紳士服や家電品を左手に見ながらラストストレート。

Img_8282

実はまだあまり整理が終わっていません。ダンディーなムシューの方々、すいません。

 

以上くるくるショップをぐるりと一周なさった皆様の両腕には、はち切れんばかりの品物が乗っていることでしょう。

 

そして皆様が向かう先はこちら。

Img_8283

レジではなく、お持ち帰りの品の計量所とカンパボックスです。

 

くるくるショップではどれだけの量の品物がリユースされたのかを知るために、持ち込みと持ち帰りの品物の計量をお願いしておりますのでご協力ください。

また、ありがとうの感謝の気持ちを表して頂けるように、カンパボックスを設置しております。お気持ちで結構ですのでカンパの程、よろしくお願いいたします。

 

 

くるくるショップ一周の旅、如何でしたでしょうか。

ブログ上だけでなく、是非、実際に足を運ばれてみては如何でしょう。

マダムにもマドモワゼルにもムシューにもお勧めいたします。

 

ご案内は、私、加齢につき無臭になれない青木でした。

 

・・・

 

やはり最後は駄洒落にて、失礼致しましたm(_ _)m

| | コメント (0)

子育てしやすい町がいい。

上勝にカフェが欲しいおなごのウチの1人、キョクチョーです。

徳島には、オシャレで美味しいカフェがたくさんあるんです。
県外の人に言われて気がついたんですけど、そう言われれば、たくさんあるなぁ。

私は、八万の「花杏豆」が大好きです。
最近の行きつけは、マルナカ近くの「KOFS(カフス)」ですねぇ。
そこのお兄さんがイケメンで、というかタイプなんですねぇ。へへ。

すごいローカルな話になりましたが、まぁこれからが本題で。
ゼロ谷さんが少し触れてくれましたが、今週末に子育て応援イベントを行います。

概要はこちら ↓
***************************

日時 4/25(日)13:00~16:00

場所 くるくるハウス(月ヶ谷温泉テニスコート前)

内容 13:00 開場

    14:30 
絵本読み聞かせ
          (1,2歳児対象・3,4歳児対象)

    15:00 
おやつ
          (焼きたておへぎ・晩茶)

    16:00 終了


◎授乳・オムツ替え・お昼寝の場所もご用意しています
  もちろん無料、いつ来て、いつ帰ってもOKです!

****************************


今回の企画担当は、私です。
間際になっての告知です…毎度のことながら、いつも突然の企画で申し訳ございません_(._.)_

絵本の読み聞かせは、教育委員会の方がボランティアで読んでくれます。本は、もちろん上勝支所に下にある図書室?から持ってきていただけます!

いつも大好評の木のおもちゃは、毎度ながら山の楽校からお借りしてきます。いつもお世話になっています。

焼きたておへぎは、毎度ながらのぼさんが、その場で焼いてくれます。いつもお世話になりっぱなしですいません。

突然の依頼なのに、皆様のご協力があって開催できる運びとなりました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

***************************

絵本は面白い!!

絵本は、子どもだけが読む物じゃない!!

大人だって、単純に面白い! 私だけかな?…

絵本は、年齢に合わせた本を選ばないといけないのですが、
今回の例として、0~1歳児向けの「だるまさんが」っていう本を見せてくれたんですね。


だ・る・ま・さ・ん・が…  でページをめくると

あっはっはっは

って思わず笑いますよ!絶対笑うって!!多分笑うって…

あと、実物大の動物図鑑とか。
気になるでしょ?
どんなのか、気になるでしょ?

いや~、絵本って、ほんとにいいもんですね~。


今回は、上勝町のお母さん・お父さん・お子様に来てもらえれば、、と思っていますが、もちろん遠く町外から来てもらえる方がいらっしゃるなら、大歓迎です♪

この日は、市内でとくしまマラソン、はな・はるフェスタ、LEDアートフェスティバルがあり、市内に出ると、もんのすごく混んでるんではないかなって思います。

杉の香りが心地よく、陽もよく当たって気持ちのよい空間で、お子さんと一緒に絵本の世界へ。
眠たくなったら、夢の世界へ。

お待ちしてますね。

***************************


さて、こっからは、お付き合いくださる方のみで、恒例のキョクチョーの長いつぶやきです。

なんで、ゼロ・ウェイストが子育てを応援するのか?

今回の目的は2つあります。
①上勝町の図書室には、結構良い本がそろってる。
だけど、あんまり利用する人がいない。土日開いてないから。
町内に図書館が欲しいって言う声はよく聞く。
町内にあるのに。
普段利用しないから、親しみがなくて、足が遠のくんですね。

もったいない。 
(もったいないとは、そのもの本来の価値が十分に活かされていないこと)

ちょっと何かが変われば、その資源(本)の価値が活かされるのではないか、と思いました。
本は、読まれてなんぼ。数人にしか読まれずに廃棄されるだなんて、そんなもったいないことありますか?

現に、良い本が上勝にあるんです。

隣町の図書館まで行かなくとも。

図書室を土日に開けることが、行政にとって難しいならば、そこは市民団体の出番でしょう。
まずは、思いついたらやってみよう。
将来的には、ステーションに持ち込まれる本たちも、ちゃんと図書館みたいなところにもう一度戻れたらなって思っています。

②上勝で子育て中のお母様方から、行く場所がないって聞くことがあります。
上勝で子育てがしたいから、と言って移住してきてくれた人もいるのに、そんな現状なんですか?

ちょっとショックですよね。

0~3歳って一番大切な時期ですよね。「三つ子の魂百まで。」ですもんね。
その大事な時期に、たくさん自然とふれあって、感性豊かな自然を大事にする子どもに育って欲しい。

お母さんたちも、子どもができたら、色んなことに問題意識を持ち始めると思います。子どもに食べさせるもの・触れさせるもの・感じさせるもの。

できれば添加物の入ったおやつじゃなくて、

手作りのものを食べさせたい。
 

できれば人工物じゃなくて、自然の恵みに囲まれた空間で、

自然のものを使って、思いっきり遊んで欲しい。

そう思い描く理想は、実はゼロ・ウェイストの考え方なんです。
だって、そうでしょ?

手作りのおやつ→容器包装ごみが出ません。

コンクリートのビルじゃなくて、木の建物

 →廃棄するときに困らない建造物。

プラスチックのおもちゃじゃなくて、木のおもちゃ

 →限りある資源ではなく再生可能な資源。

お母さんたちが、安心して上勝町で理想の子育てができるように、ゼロ・ウェイストアカデミーは、応援するのが当然だと思っています。


今回は、①と②の想いが重なり合って、動き始めた企画です。
もちろん、続けていくためには、たくさんの改善が必要です。
もしかして根本的に、こんなのダメだって言われるかもしれないけど、それでも、色んなtry&errorを繰り返し、少しでも

ゼロ・ウェイストは

規制するだけ・面倒なだけの考え方ではない!
幸せな生活を送るための後押しをする考え方なんだ!


って感じてもらえたらな、と思います。


また、長々としたつぶやきでした。

読む人のことを全く考えていない構成で…
最後までつきあってくださった方は、ホントスゴイなって思います。
自分で書いておきながら…すいません。

お付き合いくださり、ありがとうございました。

また天候が変ですから、体には気をつけてくださいね。
また明日から、お仕事がんばりましょう。

| | コメント (0)

上勝・カフェ計画 「CAFE DE PAUSE」

P1090342

それは突然やってきたのです。
4月13日の火曜日の朝、「くるくるハウス」にいきなりのメニュー看板が立ちました。

「あら?何かしら…(゜Д゜) 」 

きっと、この看板を見た方はそう思ったでしょう。そう、それはゼロ谷のお友達である、杉山さんが経営する「CAFE DE PAUSE」という、ケーキ屋さんの看板なんです。そして、今日は近しい身内だけに教えられた実験イベント「CAFE DE PAUSE・上勝版」だったのです。

「あ~、上勝にもカフェがあればなぁ~( ´Α`)あふぇー」

「ほれよ、わたしも思とったんよぉ~( ´Α`)かふぇー」

そんな会話をいたるところで耳にします。それを知った上勝好きの杉山さんが、「くるくるハウス」イベントの準備段階として“お試しカフェ”をやって下さったのです。衛生関連の法規により調理とは行きませんが、コーヒー、紅茶、ケーキ、お菓子の販売位は出来ます。それだけ出来れば十分ですよ。ねえ。

しかし、「くるくるハウス」のキッチンの使い勝手、持ち込んだ食器、機材での対応、1人でどこまで出来るか?等の要素を実験しないと、せっかく御来店頂いたお客様にご迷惑がかかります。そのためのゲリライベント的、準備&実験プレ・オープンだったのです。

P1090341

さて、メニューの内容は…

飲み物はコーヒー、紅茶(オーガニック、アールグレイ)にハーブティー(ベルベーヌ)。そしてケーキ類はゆこうのタルトチーズケーキ…そしてモンブラ

なるほどなあ、モンブランと見せかけて、実はモンブラなんだ。うんうん。
フランスだもんなあ。日本では和製フランス語でモンブランなんだ。
本場、フランスでは発音的に「」 そういう感じなんだろなあ…モンブラソ。

モンブランと言うつもりでモンブラソって実際に言ってみると…
たしかに、フランスっぽいよ、母さん! …お、恐るべしモンブラソ
さすが、おフランスだ!

P1090336 ■美味しそうな「なんやかんや」と「モンブラ

日本じゃ、「桃から生まれた桃太郎」が居るくらいだから、ひょっとしたら、フランスには「モンブラソから生まれたモンブラソ太郎」みたいな奴が居るかもしれません。
しかも、そんなモンブラソ太郎が川から流れてくるとしたら、「モンブラソッソ~モンブラソッソ~」って流れてくるんだろうか。いかんいかん、妄想が止まらん。

まあ、とにかくモンブラソは発音的にも、絶対に美味しいに違いない。
そしてロールケーキ(コーヒー、ココナッツ)、プリン、キッシュ、カヌレ。よだれが出てくる!

P1090333 ■「なんやかんや」と「なんやかんや」のコラボ

通常なら、徳島市沖浜東1丁目39まで行って、フランス菓子「CAFE DE PAUSEの扉を開けて注文しないと食べられないモノなんです。それをあっちから、店舗がお休みの日に、わざわざご丁寧に来て下さって…杉山さん本当にありがとうございます。

P1090332 「CAFE DE PAUSE」杉山さん

美味しいのはもうわかってます。酒飲みのゼロ谷でさえ美味い!と思うケーキをたくさん食べましたからね。その上、甘いモノ大嫌いな超大酒飲みの“ゼロ谷の弟”が「なんじゃこりゃぁ!(  Д ) ゚ ゚」と驚愕の声を上げ、杉山さんの目の前でケーキをぺロリと食べちゃった!という逸話さえあります。

P1090328 ■当日はオープンデッキまでご用意ヽ(´▽`)ノ

あとは、たくさんの人が来てくれるといいのだけど…
っていうか近しい知人・身内しか案内していないのです。出来ればすべて完売するような大食漢の知人・身内に来てほしいと切に願うゼロ谷です。

さて、それでは中を覗いてみましょう。

美味しいコーヒー飲んで、ケーキを食べる人々。音楽はベリンダ・カーライル。カフェには80~90年代ポップスが似合う予感!

くっつろげるぅ~!

P1090327 P1090340

いいね、かなりいい!

こういうゆるい空間がなかなか無いのよなぁ。このまま「ゆるゆるハウス」と名前変えてもいいくらいにいいぞぉ!杉の香りはもちろん、その上にコーヒーの香りまで…もうパラダイス!

コーヒーにはリラックス効果があるんです。リラックスした時に出てくる脳波、アルファ波はコーヒーの香りを嗅ぐだけでも現れるんです。しかも、後頭部から出るらしいのです。加齢臭じゃないですよ。アルファ波ね。ただでさえリラックスできる「くるくるハウス」にてアルファ波が脳内充満!ダブルリラックス!

P1090343

今回の訪問者は約40人。口コミで駆けつけた人、なんとなくざわついた胸騒ぎと動物的カンで来られた方、偶然通りかかった那賀町の人、そして近しい身内の皆さん、唐突なイベントとはいえ、ご来場下さった皆様ありがとうございました。

イベント開催毎に、ツイッターやブログにより町外の人にはかなり知れ渡った感のある「くるくるハウス」です。
しかし、基本的に地元の人にもっと知ってもらいたい。「くるくるハウス」の別名は(株)もくさん展示住宅。モデルハウスも兼ねています。オール杉の家に泊って暮らして体験して地元で杉の家を建てて欲しいのです。

そして、地元の人の口コミ、噂、がどんどん広がれば、次はその方たちの親戚、知人へ伝わります。そうすれば、もう一回り大きな輪となって広がり、上勝を体験したい人が増えて、上勝好きな人も増えて、住みたい人が増えて…そうなりゃ世界制覇も夢じゃない!いやいや、世界制覇したらあきませんね。

何をするにも地元の方の参加あってこその“企画モノ”です。こういう地元が盛り上がるイベントをどんどん取り入れようと考えている「くるくるハウス」なのでした。

住もう杉の家!暮らそう上勝!

さて、今後のイベントのご案内です。4月25日(日)には「くるくる広場・絵本の日」が開催されます。杉の香りが心地よい「くるくるハウス」にて、お子様と一緒に絵本を読んで頂き、お母様に心底くつろいで頂こうというイベントです。

「くるくる広場・絵本の日」
■4月25日(日)
■13時より16時まで
■参加費は無料
 

オムツ替え、授乳、お昼寝の場所も用意しています。

 

そして、次回の上勝カフェ化計画イベント「CAFE DE PAUSE 上勝版」は5月4日の火曜日です。御来場者の家族の分も、買って帰ることが出来るくらいフランス菓子、そしてケーキやパンも持ってきてくれるそうです。もちろんモンブラソも!しかも、夜8時位まで営業の予定。皆さん、ゴールデンウィークは「くるくるハウス」へぜひどうぞ!

上勝カフェ化計画イベント 第二回「CAFE DE PAUSE・上勝版
■5月4日(火曜)
■11時時より20時まで(予定)

| | コメント (2)

徳島LEDアートフェスティバルのようす

杉を割る。
竹を割る。
もくもくと割る。

日比ヶ谷に響く音。

穏やかな陽気の中、心地よい風に吹かれながら、ストーブの焚き付けづくりに励んでいたキョクチョーです。


さて、昨日くるくる工房からも商品を預けた「徳島LEDアートフェスティバル」の様子をお伝えします。

フェスティバル自体は、4/17開幕で10万人の来場者を見込んでいるらしいです。
HPはこちら

仕事を終えて、ちょうど暗くなってきた頃に会場の徳島市へ出かけました。
アートの展示よりも、先に上勝町の産直ブースへ。



外から見るとこんな感じ。夜ですから…
けど、みんな鯉はっぴを着ていることは分かりますね。



中の様子がこんな感じ。



ちょうど行ったときに、昔から竹の皮で編んだ草履を履いてると言う人にお会いしまして
それが鼻緒切れてしまって困っているそうです。
持って行ったぞうりのなかで気に入る色がなかったようで、残念でした。
けど、また上勝町に来てくださるそうです。

他の自治体も結構来てるもんだと思ってたら、美郷しか来てなくてちょっとびっくりでした。

物産コーナーだけでなく、ちゃんと他には、いろんな作品がありまして、徳島の夜が賑やかになってましたよ。



新町川に浮かぶ水上ステージ。ライブやってました。




歩道にちりばめられたLED。天の川みたいでした。



上勝のトポス彩りを作った「たほりつこ」さんの作品。



㈱もくさんの木を使ったゲート。の一部。



一番私にヒットしました。大学生の指の型を取って作っているんです。
その下にはQRコードがあって、その指の持ち主のプロフィールが分かるんです。
さすが工学部。



上勝の千年の森関連のデザインをされている「岡本多英子」さんの作品。

これらの作品は、「ひょうたん島」とよばれる徳島市中心部の川沿いに配置されていまして、船に乗りながらアート作品を楽しめる仕組みとなっています。

わたしは、歩いて回りまして…
足の裏の皮がむけるんじゃないか…ぐらいの疲労度でした(汗)

上勝のブースは17,18日だけですが、イベントは25日まで開催されます。

夜の彩り、楽しみに行かれてはいかがですか?

| | コメント (0)

気がつきませんでした。

今日も雨ですね。4月も半分終わったというのに各地で積雪の便りも聞こえてきます。本当に寒いです。みなさん体調を崩さないように気をつけてくださいね。

え~っと。続きの内容を書くのに詰まっているS美です。

たった今、徳島銀行新入社員研修を行っています。38名の方がキョクチョーの説明を熱心に聞かれています。

みなさん、若くて(もちろんですが・・・)礼儀正しくて挨拶もハキハキとしていただきました。これから社会人としてしっかりお仕事をしていただけると思いますshine

 

タイトルの「気がつきませんでした。」とは、内容がかみ合ってないんですが紹介したかったのは、こちら↓

Photo_3 今朝は気がつかなかったんですが、何時間か経ってふと 気がつきました。昨日張られたみたいなんですが。。。

これを見て1人ひとり考えること思うことがあるのかなと。

私自身、『重たい腰を上げなさい。』これを実際の重さとして変換してしまったんですが(笑わないでくださいねcoldsweats01。)

でも、私は今来られた若い人たちと会ったり、また『やればできるよ!』の言葉に励まされました。 

人はひとりでは、できることも限られているけど、周りの人たちに助けられて支えられて、可能なことが広がっていきます。

私も、スタッフに迷惑かけることが多々ありますが、周りの人たちのおかげでやってこられたと思ってます。これからも自分にできることは精一杯punch力不足な部分は、みなさんご協力よろしくお願いします。

あ~sweat02内容がローテンションで、 意味がちょっと違っていたりするかもしれないのですが、読んでいただけてありがとうございました。

今、かみかつでは私の好きな「やまぶきの黄色い花」と、「しゃがの白い花」がひっそりときれいに咲いていますよ。(写真がなくてごめんなさい)

 

| | コメント (0)

徳島LEDアートフェスティバル2010にっっ!!

snow本日上の方は雪模様だそうですsweat02青木君から買いすぎたという灯油を分けていただき、寒の戻りに堪えているT子でございます・・・謝謝heart04

   

実は今まで整理できていなかった在庫(着物や鯉のぼり、端切れまで)を

使いやすいように分ける作業をしておりました。

20100407_3_220100415_5   

   

 

   

    

    

着物好き、生地好きにはたまらない(笑)

素敵な空間が出現(*^_^*)

20100412_420100415_4   

   

   

   

   

    

がんばりましたっっdash

お好みのものが見つけられるようお手伝いさせていただきます<(_ _)>   

       

それと今週末ですが、

徳島市内で開催される「徳島LEDアートフェスティバル2010」

上勝町の特産物販売コーナーが出店いたします!!

night4月17(土)18(日)17:00~21:00night

交通公園(徳島市南内町/フェスティバルメイン会場)

その中にくるくる工房の商品も置いていただけることになりましたので、

どうぞよろしくお願いいたします\(^o^)/

上勝をPRするために、お得な配布物もあるようです(^_-)-☆

来てのお楽しみっっ♪♪

ぜひ、うっとりするような幻想的な光の中へお越しくださいませshineshineshineshineshine

他にもこんな形で参加している方たちも☆

これがその後どんなふうになっているか、めっちゃ気になるT子でございました♪♪

| | コメント (0)

環境首都とくしま創造センター「エコみらいとくしま」

さ、財布がない(lll゚Д゚)

 

って、最近よくワタワタしているキョクチョーです。

結局あるんですけど。いつも心配をかける方々、すいません…

 

さて、今日は沖州の方へ出張に行っていました。

何用かと言われれば、今度徳島の環境サービスワンストップ化のために県が主体となって作ったNPO「環境首都とくしま創造センター」の活動拠点、「エコみらいとくしま」のオープニングセレモニーがありました。

100413_110701

 

実は私、そのNPOの理事にもなっておりまして、知事の後ろの後ろの席にちょこんと座っておりました。

 

これから、徳島県内の色んな環境活動の窓口がこのNPOになります。利用されるかどうかは、これからが勝負ですね。

太陽光発電の補助申請の受付も行う予定ですので、これからもご愛顧よろしくお願いいたします。

 

それが終わってドタバタ帰ってきて、すぐに視察の対応を行っていました。勝浦郡と名東郡と名西郡の議長たちが来られたのです。

今年度初めの対応だったことと、紙資源の搬出と重なってしまったこととで、臨機応変×臨機応変みたいな感じでしたが、近くの町村だけあって、みなさまの質問も、その回答の理解もなんか相通じる物がありました。

 

けれども、まぁ最後に隣町の議長様より一言。

「上勝町民が勝浦町のゴミ袋を買って、勝浦町へごみを出しに来ている」

 

痛いお話でした。それでも、それは事実の話。

受け止めて改善していく策を考えていかねばなりません。

 

そんな答えをしていたところ、上勝町の新しく議長に就任されたF田さんが、「それは議員に言ってくださいって言えばいいよ」って言ってくださったんですね。

 

ちょっと感動しました。守ってくださったんですね。

ごみのことと言えば、うちに丸投げされることがほとんどなのに、F田さんはそれを議員として受け止めてくださったんですね。

 

たったそんなこと?って言われるかもしれませんが、私は嬉しかったんです。

他の議員さん方も、それは上勝だけでなくてどこの町でも同じことだろうって言っておられました。

みんな、どこの町でも悩んでることは同じなんですね。

 

一番大事なことは、もちろん慰め合うことではなく、どう改善していくか、行動の部分です。

 

ひとつのアクションだけでは、多分何も変わりません。複合的な要因が渦巻いていると思うので。だから、とりあえず思いつくことは、やってみる。大きな方向性があれば、具体的手法は無限にある。壁があれば乗り越えればいい。そんな感じに思っています。

 

| | コメント (0)

くるくるショップ大整理

皆様お疲れ様です。日本一の日陰者青木です。

前回は新任挨拶失敗失礼しましたm(_ _)m

日陰者の私青木には「ひだまり」はあまりに眩しく、早速ゴミステーションの方に逃亡を図りました。

ただ逃げたとなると、しこたま怒られるので、くるくるショップの大整理という名目を立てました。

従って整理中かつ大掃除。

Img_8189

Img_8191

一回、全部の品物を2階に上げての大掃除です。

 

 

 

 

 

 

従って2階は大混乱。

Img_8180_2

どさっと。 

 

 

 

  

 

 

Img_8184_2                    

ワシャッと。

 

 

 

 

 

Img_8181 ぐちゃっと。

 

 

 

 

 

 

そして今現在こんな感じになっております。

Img_8197

整理中にくるくるショップをご利用頂き、私青木に温かいお言葉を掛けて頂いた上勝町の皆様ありがとうございます。

現在は整理中につきご迷惑お掛けしているため、ご来店の皆様には店主自らがご挨拶させて頂いております。

Img_8199

・・・

ちなみにこの店主は、くるくるショップの商品でもあるので、残念ながら店主自らがお持ち帰りされることも・・・

優しくも権力には屈しない眼差しを持った、一本筋の通った店主。

店主の下で働いた30分、私青木は幸せでした。さよなら店主(´;ω;`)ウウ・・・

| | コメント (0)

体験プログラム

いつの間にやら、雨が冷た~いような、冷たぁないような、よぉわからん季節になりました。(ほなけど、どっちかといえばまだ寒いかなぁ~嫁よ、すまん!)ゼロ・ウェイストアカデミーのゼロ杉です。。。いや、ちがうゼロ谷です。  …U杉クンパクリヽ(´▽`)スマヌ

さて、ゼロ谷の担当の上勝生活体験施設「くるくるハウス」ですが、上勝の暮らしを体験して頂く「生活体験」とは別に、上勝町の自然を存分に楽しんで頂こうと御用意しております、「自然体験プログラム」というのがあります。

清々しい山々、素晴らしい滝や淵、そして長い湖、そしてアート・プロジェクト作品等、見るところが一杯ある上勝町です。それらをガイドして、体験させてあげるのがゼロ谷の役目なのです。おそらく、いろいろと素晴らしい名所を知ってしまうと、帰りたくなくなるでしょう。そして上勝が大好きになってしまうはずです。

リピーターどころじゃない、

「いや、もう上勝に住みたいぞぉ!」

なんて人を“造り”上げる仕事なんです。まあ、言うなれば“ショッカー”みたいなもんですね。丁寧に優しく、そして愛で包むように“上勝好き”に改造してあげないといけませんから、“愛のショッカー”でしょうか。違いましょうか。

さて、そんな愛に満ち溢れた「自然体験プログラム」、イベントの陰に隠れてあまり目立ちませんが、もうすでに4組の町外の方が参加されました。

P1090154

3月27日は小松島市のTさんを「高丸山」へご案内。

P1090251

3月30日は徳島市のS山さん一家を「高丸山」へご案内。

P1000068

4月6日には、徳島市の I 川さんを「正木ダムカヤックツーリング」にご案内。

P1090302

4月7日には徳島市のU松さんら、男女4名を「高丸山」へご案内。

10日間で3回も高丸山に登っている訳です。もう、“高丸パパ”って感じでしょうか。同じ山ばかり登っていても、登るたび違う発見があります。3月末~4月初旬は短い10日間でも、かなりの様相の違いを楽しめる季節なんです。

登られた皆さんは、

「思ったより簡単に登れて、頂上では全周囲360度が見渡せるのに感動した」

「春なのに雪や樹氷が見られて嬉しい」

「せっかく来たのに雨…あの~ゼロ谷さんは雨男ですか?」

こんな風な感想をおっしゃっていました。最後の質問には、

「いえ、違います。自分の運命を呪って下さいね」

と、優しく答えて差し上げました。

これからの季節はもっと登りやすくなり、見られる花も増えるでしょう。この記事を御覧のみなさん、くるくるハウス&自然体験プログラムで上勝を満喫してみませんか?もちろんゼロ谷が愛をもってご案内しますm9(・∀・)ビシッ!!

| | コメント (0)

photobook

今さらですけど、新年度ですね。
他のスタッフに続き、満を持しての登場、キョクチョーです(笑)

 

…すいません、ただ遅いだけでした。 

私の今の仕事はまだまだ21年度なのですが、周りの時計はすでに22年度…
時代についていかねば。


ZWAも新年度になって新しい体制になっています。
町内ではご存じの方もいらっしゃるでしょう。

あの!青木さんがZWAの正職員になったんですね~。
着る服も前の職場のままなので、よく誤解されていますが、4月1日かられっきとした、うちの職員です。
お間違えのないようにお願いいたします。

主に日比ヶ谷ゴミステーションで仕事をしていきます。
もうすでにステーション内部(一部)が大変身!
多くは語りません。本人のブログネタですから(笑)

今後もよろしくお願いいたします。



さて。 前ふりが長かったのですが、今回お伝えしたいのは、photobook!
なにそれ?って感じですか?

そのままです。写真を本にしました。





一番手前にあるのは、2/14にくるくるハウスで行われた「婚礼衣装deバレンタイン」のphotobook
→イベントの様子や裏話やうなじ特集にちょっと笑える写真など満載です。

後ろにある2冊は、2年前に来てくれたイタリア人カメラマンの上勝写真のphotobook
→上勝町の風景と上勝町民がたくさん出演しています。上海在住のイタリア人カメラマンによる撮影。こうちゃんとは全然違う切り取り方で上勝町を写しています。上勝じゃないみたいです。


最近は、インターネットで簡単に写真を本にできるんですね~。
我ながら、素晴らしく良い出来だと思いますね~。
(そりゃ、写真が最高なんだから、当たり前だ…)

2種類とも、今ひだまりにあります。
せっかくだから、くるくるハウスにも置こうと思って増刷をかけるところです。
他にも欲しいと思った人がいたら一緒に注文できますよ。婚礼衣装の方だけだけど。


まぁ注文はさておき、ぜひたくさんの方に見ていただきたいと思います。
新しくできたひだまりの図書コーナーへお越しくださいね。

ドリンクはセルフです。
ネットも無料でできますよ。
ストーブの前を陣取ることもできます。

お待ちしています。

| | コメント (0)

はじめまして。。。

みなさん始めまして。新人の・・・との書き出しが当たり前なんですが、ZWAスタッフとして一番長く勤めさせていただいてるS美です。でも、ブログに関しては本当に始めましてなんです。今まで、すみません。

 

逃げてましたfoot   本当に苦手な分野だったのですsweat01

 

でも諸事情(たいした意味は有りませんが・・・)により、これからは時々登場させていただきます。ブログ諸先輩方を見習って、精進させていただきますので、これからもよろしくお願いいたしますconfident

| | コメント (0)

新学期☆

Img_8169    

まだまだ気温が安定せず、油断のならない日々ですが皆さまお元気でいらっしゃいますか?今日から新学期!に、ホッとしているT子でっす☆

今さらですが、実は昨年から工房担当としてお世話になっておりますです。。。←発表おそっっ!!

なので今年度もくるくる工房ともどもよろしくお願いいたします<(_ _)>

いきなりでっかい画像からですが、ほぼ1年ぶりに“のれん”の復活でございます!!

・・・相変わらず工房の存在が分かりにくく、

お客様へのアピール度が低いといわれておりましたがっっ!!

まことに地味ではございますがsweat02昨年度から工房素敵化計画が進行中でしたのです。

ですので今年度も気合いを入れて進化していきますので、なにとぞ気長くお見守りくださいますようお願いしまっっす♪♪   

   

その作業の様子を当分ネタにひっぱってみましょうかbleah       

総出で1日倉庫の整理にかかりました!

Img_8103_2Img_8108    

   

   

   

  

本当ならとりかかる前の画像もお出しするのが筋なのでしょうが・・・

全て出した後の状態からご覧くださいませ(^_^;)

後は出されたものたちの量で想像してください(笑)↓↓

Img_8109Img_8105   

  

  

  

  

  

ほんの一部の荷物でいっぱいになってしまい、勝手ながら工房は臨休とさせていただきましたsweat01

昨年Nぼさんに作っていただいたロフトからも荷物やタンス全て運び出し、

明るくて広い空間が出現\(◎o◎)/!

Img_8115    

Img_8120   

効率よく機能的な使い方をするべく、こんなものまで運び入れられ・・・!?

   

   

乞うご期待☆

| | コメント (0)

新任挨拶。のはずだったのですが・・・

皆様、初めまして。 青木と申します。  

 

四月からゼロ・ウェイストアカデミーで働かせて頂くことになりました。

よろしくお願い致しますm(_ _)m

 

このブログ、諸先輩方は高いテンションで打ち込んでいますが、私は今までの自分を見つめ直す意味でも、自分固有のテンションを維持したいと思います。 

あと通例に反して、「A木」等ではなく、いきなり「青木」と名乗らせて頂きました。

何となくです。他意はありません。

まあ、世の中いろんな人間がいるということで。

 

不思議と低いテンションで書き込んでいると、こちらのテンションも下がってくるものですね。

ちょっと無理に上げてみましょうか。

 

このブログでは、「くるくるショップ」に出店された商品についてご紹介させて頂きます!

 

果たして口べたな私に上手くできるでしょうか・・・

 

 

このブログ以外での仕事は、ゴミステーションに在って「一般廃棄物中間処理業務」に当たります!

 

内向的で非力な私には荷が勝ちすぎるような・・・

全部漢字だし・・・ 

 

 

あぁ。無理をした結果、安定した情緒不安定に突入・・・

早くも自分の限界を感じます・・・

 

 

新任の挨拶のはずがこんなことになってしまい、従来の「くるくるブログ」ファンの皆様に申し訳ありません。 

 

次回からはきちんと、くるくるショップ内の紹介をさせて頂きたいと思いますので何卒、長い目で見守って頂きたいと思います。

 

皆様の温かい励ましの声をお待ちしておりますm(_ _)m

| | コメント (2)

「お花見カヤック・水面くるくる」完了報告

Img_8123_2

4月4日の日曜日に行われた、くるくるハウスイベント「お花見カヤック・水面くるくる」は無事終了致しました。ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。今回もその模様をゼロ谷がリポート、略して“ゼロリポ”してみましょう。

朝9時に「くるくるハウス」に集合した、スタッフのSまさん、Y田クン、そしてキョクチョーとゼロ谷でした。本日は「くるくるハウス」初のカヤックイベント、なんせ運ぶのが大変なんです。なんてたって借りてきた1艇を含めて、全10艇を3台の車で運ぶわけです。

P1090292

カヤック載せた車が3台連なれば、対向車の皆さんが、「何ごとぞ!(  Д ) ゚ ゚」みたいな感じで見つめられます。まだまだ、当たり前の見慣れた風景ではありません。しかし、2020年までには上勝=カヌー&カヤック=正木ダム・美愁湖というシンクロを完成させる、「上カヌ宣言」を密かにたくらんでいるゼロ谷なんです。

カヌーか?それなら上勝行ったらのれるぞぉ (´▽`) 

これですよ。ねえ。こうなれば、町の名物がもう一つ増える訳です。“見る正木ダム・美愁湖”から“遊ぶ正木ダム・美愁湖”へ。“踊る阿呆”に“見る阿呆”じゃないですよ。せっかくあんな綺麗な湖があるのに使わないともったいない。ゼロ谷はもう何年も前からそう考えていたのです。

Img_8122 ■スタッフのSまさんとお客様たち

個人的には何十回となく漕いでいる、美愁湖ですが、その素晴らしさを知っていたのはカヌー&カヤックをされる人、そしてブラックバスを釣りに来る人バサーの皆さんだけでした。

四季を通じて水位が変わるダム湖です。12月~4月末くらいまでは、多めの水量で“沈んだ森”みたいな風景が見られます。5月~11月までなら、10mは下がった少なめの水位ならではのごつごつの岩肌がさらされ、風景は一変します。

昔、沈んだ畑が見えたり、いろんな遺構に出会える…それにもまして、咲いている花が変わり、桜だったり、緑の木々だったり、紅葉だったり、とにかく一粒で8度位美味しい、アーモンドグリコをはるかに超えた素晴らしさなのです。

Img_8126■インストラクターの吉田君

全長は満水時で約4.5km。夏季は約3.5km程度。くねくねと曲がりくねっている為、先が見通せません。それがまた魅力の一つで、この先何があるんだろう?と思いつつ、先へ先へと漕いでみたくなるんです。そんな正木ダム・美愁湖を放っておけるかい!と思いつつ今回のイベントが企画されたのです。

今回は「くるくるハウス」に常設の7艇、そしてSまさんのカナディアンカヌー、Y田くんの3人乗りカナディアンカヌー、なおかつ、友達のお坊さんに借りてきた、「坊さんカヌー」の合計10艇を揃えました。みんな同じようですが、いろいろと癖や長所・短所があるんですよ。

Img_8121■ツイッターズの皆さん

10時スタート、13時スタート、15時スタートと、出来るだけたくさんの人を3組に分けて送り出す為、今回のコースは正木ダム公園~「どんぐり岬」経由~いっきゅう茶屋下で引き返すというショートコース。全部漕ぐと往復4時間(人によって個人差あり)+休憩時間がかかるので、これは仕方ありません。今の季節なら月ヶ谷温泉までカヤックで行けるんですが、温泉入って湯冷めしても困るし、とにかく、大勢の皆様にいっきゅう茶屋下を目指してもらいましょう。

P1270525 ■快晴の美愁湖

皆さん、初めての方が多いようで、このカヤック&カヌーが今ひとつ、“危険で体が濡れる面倒なモノ”として見られている気配をぷんぷん感じます。急流で漕ぐリバーカヤックはそれなりの装備と練習が必要なのは事実ですが、美愁湖のような、止水・静水でゆったりと乗るファンカヤックは、敷居なんて無いに等しいのです。

言うなれば、水上の自転車みたいな感じでしょうか。普通の自転車に乗られるバランス感覚があれば大丈夫。体も濡れません。自分のパドルですくいあげた水を少し被るくらいでしょうか。それも上達すれば無くなります。こ~んなに簡単でとっつきやすい、遊びなんです。

Img_8133 ■ライフジャケット大中小

しかし、ライフジャケット(救命胴衣)は必須です。これを装着しないと乗せることはできません。でも、これさえあれば万が一、湖に投げ出されても3日間は浮いていられるという優れものなんです。もしライフジャットが喋れるなら、

あなたは死なないわ。だって私が守るもの…

綾波レイみたいなセリフを言うはずです。今回は大人用はもちろん、子供用ライフジャケットも5着揃えました。

Img_8128
■南矢三町「妙福寺」の2人乗りカヤック

親子で漕ぐってのがやはりいいんでしょうね。2艇ある2人乗り艇は大人気でした。普段は絶対、行けないような場所で、見たことないない景色が見られるんです。

あら…私、こんなところに居てもいいのかしら?いけないわ。帰らなくちゃ…

いや、いけないこと無いのです。行けます。誰でも漕げば行けるんですね。ゼロ谷が最初に美愁湖に来た時の感想は、灰色の岩と緑の木々の中で、見たことのない角度で県道16号線を見上げ…

ここにいてもいいんだね

って感じでしたよ。ええ。

スタート地点は正木公園の桜の咲き誇る東屋の下。今の時期の水位なら飛び石の先が湖です。もう、ここから出て下さいと言わんばかりに、入り江の様な状態が保たれています。比較的乗りやすい、海用カヤック、ファンカヤックから順番に載せていきます。

Img_8139

沈の可能性が高い、カナディアンカヌーがどうしても残ってしまいます。これらの艇はある程度慣れれば大丈夫なのですが、いきなりの2人乗りは難しいのです。いずれは日浦橋の下あたりが浅くなって、綺麗な流れ込みの水になった頃に、カナディアンカヌー教室を催してみたいと思っております。その頃なら沈しても嬉しい季節なので、きっと上達も早いはずでしょう。

Img_8148

時折、乗りやすいはずのファンカヤックでも、ゆらゆら揺れる人がいます。そういう人は非常に不安そうな様相を見せ、どうすればいいんだろう( ´Α`)あふぇ~ってな顔をします。

揺れちゃだめだ。揺れちゃだめだ。揺れちゃだめだ。

    揺れちゃだめだぁー( ´Α`)!!

心の中の葛藤と戦っているんですね。そんな時、ゼロ谷は、

笑えばいいと思うよ(´▽`)

と優しく言って差し上げます。だいたい、10分もすれば体が馴染みますからね。

Img_8156 ■阿南市からこられたO川さん達

今回の参加者は合計30名。沈した方は1人もいませんでした。ご参加頂いた皆様、そしてご協力頂いたカヌースタッフの皆様、お疲れさまでした。今回来られなかった方、また近いうち企画しますので、ぜひ、次回ご参加下さい。

さて、「くるくるハウス」にカヤックが並んでいるのを見て、よく、「ここでカヤック乗れるんですか?」と聞かれるのですが、ご予約を頂ければ「体験プログラム」として乗ることが出来ます。別途費用は必要ですが、季節、人数、体力に応じていろいろと、ご希望のコースをセレクトさせて頂きますのでぜひご利用下さい!

以上、ゼロリポでした。ヽ(´▽`)ノ

| | コメント (0)

「野外レストラン・くるくる」完了報告

もう10日以上前の事ですが、3月21日に行われた「野外レストラン・くるくる」は無事完了致しました。年度末の忙しさに負けて、報告が遅れたことをお許し下さい。

さて、当日の模様をいつものようにゼロ谷がレポート致しましょう。

0001 
■大小5台の特製調理器具を設置

前日、2回に分けて機材を運んできた「徳島薪ストーブクラブ」の桑原さん、今日もトラック一杯の荷物を運んできます。なんと延べ3台分の機材&薪!この分量なら2000人分作れる!と思ったゼロ谷です。桑原さんは「火のある暮らし」に力を注いでいる徳島薪ストーブクラブの方。本業は電気屋さんですが、今では薪ストーブ販売で有名な方です。

ひだまりのストーブ、くるくるハウスのストーブも、もちらん桑原さんの手によるものなんです。

0003
■もう、ストーブ基地と呼ばせてほしい!

このイベント、前日の時点で予約参加申し込みが63名(スタッフ含む)と大盛況の予感!心配されたのはお天気でしたが、9時ごろには快晴の気配を感じます。そして、今回の調理スタッフは超豪華。

●つるぎ町一宇「手打うどん・田舎で暮らそうよ」の葛籠氏
●アウトドア料理の毛利氏
●ダッチオーブン料理の森氏
薪ストーブ料理の桑原氏

P1090056
■鹿串の予感…

これらの方が、手打ちうどん、そして上勝で獲れた鹿、その他を使っていろんな料理を振舞って下さるというわけです。鹿の方はまさに地産地消、循環型社会の信念にぴったりです。

Tw
■ツイッターの呟きで駆けつけた皆さん

さて、桑原さんの方から挨拶が始ります。マイクが無いのでニンジンを持っての挨拶。
ポップで優しくて面白い方です。一緒に居るとついつい笑顔がこぼれそうになります。つづいて主催者、(株)もくさん側から森西さんがご挨拶。げっ!なんと次はゼロ谷にまわってきます。挨拶的な内容はほぼ出ているので、こういう時は後になればなるほど損なんです。

「天気が良くなった話」はもう出たし、「火を使ってゆっくりと美味しい調理」関連の話も出たし…ああ!もう言うことが無いっ( ´Α`)

…そうだ!俺に言えることは会費の話!こ、これだよ、母さん!

「今日の参加料は材料費のみ500円となっています。まだの方は私に速やかにお支払い下さ~い」

ニンジンマイクに向かって言ってやりましたとも。ええ。声高らかに集金宣言ですよ。
しかし安いと思いませんか?ねえ。まだ何も出て来ていませんが、予定どおりなら、うどんや鹿串やら“なんやかんや”がドン!と出てくるはずなんです。ましてや、真の手打ちうどんと言われている「田舎で暮らそうよ」の葛籠さんのうどんですよ。これだけで500円以上の価値があるでないで!

Udon00
■うどん裁断マシーンを操る葛籠さん

葛籠さんは「くるくるハウス」屋内にてうどんを打ち始めました。あの一宇の名うどん店に、こっちから行かなくても、あっちからやってきてくれるとは、なにやら卒業式の時の先生のような気分ですよ。ちがいますか?ああそうですか。

練ったら踏んでこねまわし、なおかつ裁断!もうよだれが出そう。よだれが出やすい体質かもしれません。
誰かに拭いてもらいたいくらいです。

P1090088
■食ってないけど絶対サクサクです

まず、最初に出てきたのはフランクフルト。ああ、うまそう!きっと、ふっくらした見た目を持ちながらも、噛んだらさくっ!って感じなんだろうなぁ。まったりとした衣をまとったふんわりかつ香ばしいフランクフルト。ああ食べたい!

しかし、いきなり飛びついてはいけません。先に子供さん達に差し上げないとね。
いい大人がいきなりフランクフルトなんて…と思って横見たら、むしゃむしゃ食ってる大人がいました。
きっと朝ごはん食べてなかったんでしょうね。そりゃしゃ~ない。

ゼロ谷は我慢の出来る大人なんです。ここでしゃしゃり出たらあきません。

どんどん参加者がやってきます。さあ、会費を集めなくちゃ!

うぉお!(´ロ`ノ)ノ っというこじんまりとしたどよめきが聞こえました。
どうやらうどんが打てたようです。やはりみんな知ってるんですね、「田舎で暮らそうよ」のうどんの事。

Udon010
■ほ~ら!一気に8人分!

うどん玉を桑原さん特製の釜に入れます。今日という日のために桑原さんが作った特製の釜なんです。
その釜と薪の炎という優しい炎を使って、うどんをじっくり茹でるんです。そりゃ美味しいはずですよ。
最高級なうどんと最高級な炎との出会い。こんな感じでしょう?違いますか?ああそうですか。

ヽ(´▽`)ノぅゎぉぅ

先ほどよりも大きな歓声!茹であがりました。なんという透明感!光っています。これが喉を通る時に「つるつる!」って感触になるんですね?ああそうですね。ゼロ谷にも早く「つるつる」と言わせてほしい!

P1090110
■これこそ“美味しい顔”だわ

一巡目に当たった運のいい人たちが、あちこちで「つるつる」言わせています。このままじゃ「つるつるハウス」になってしまいます。でも、それでもいい!とさえ思わせるこの色艶!

食わなくてもわかるんです。あ~んな感じでこ~んな具合なんだろうな。うんうん。しかもコシが強く、粘りがあったりしてぇ!もう周囲の人々は、ほぼ興奮状態なんです。

でも先に並んじゃいけません。スタッフですからね。まずはお客様に召し上がって頂きたい!
一度に茹でられる分量は8杯程度と聞きました。今居る人数はスタッフいれて40人くらいです。
まあ4回目か5回目には順番が当たるはずです。

みなさん、うまそうに召し上がっています。先ほどから待ちっぱなしのゼロ谷ですが、気になるのは桜えびの入った天ぷらみたいなトッピングみたいな“それ”!それだけでも何とか味見したい!でもそれだけ食ったらあきませんよね。そりゃそうだ。

お店に行った時は、ちくわや、さつまいものてんぷらトッピングがありました。それもサクサクでした。もちろん、お客さんが来てから揚げるタイプのお店なんです。だからサクサクというよりも…シャクシャクって感じでしょうか。いや、やっぱりサクサクですね。この音の方が美味しそうですもの。ええ。

Udon0012
■うどんのように長い列

2回目も同様に行列が出来ておりました。それでも我慢の子です。
そして3回目…もういいだろうと思いつつ並びましたら、ゼロ谷の少し前で売り切れ…

「パトラッシュ、疲れたろう。僕も疲れたんだ…。なんだかとても眠いんだ…パトラッシュ…」

打ちひしがれた、ゼロ谷の脳裏に浮かんだのはこのセリフでした。脳内フランダースの犬状態。
今度こそ!と思いつつ並んだのに目前で朽ち果てる…
まだ教会にも入っていないのに、天使たちがゼロ谷の周りをふわふわ飛んでいるのが見えたような気がしたんです。
これではアカン!天使たちを払いのけて立ち上がりましょう。

「う、う、うど…ん!」

「はい、どうぞぉ!」

Udon003
■つるつるはうす!

とうとう4回目の挑戦にて手打ちうどんゲット!ついにゲット!
…やったよ母さん!俺、うどんゲットだよ…

並んだ甲斐がありました。想像通り、本当にうまかった!!ほ~らパトラッシュ、お前もお食べ!ぬわ~んて、パトラッシュにあげるくらいなら俺がもう一杯食いますよ。

Si■鹿肉の柔らかいこと…

もちろん、その他の料理も舌鼓を打つものばかり。「鹿肉の串焼き」、そして「鹿肉シチュー」と、森さんのダッジオーブン料理もいろいろ出てきます。少しづつ、いろんな料理を食べるってのが、実に贅沢で美味しいのですね。

寸止めで次の料理へ…次は「鯛のなんとか」が出て来て、あれやこれや出て来て、「鶏の丸焼き」も出て来て…

Buta563
■ナイフで削ぎながら食べるんです。

とうとう最後の料理である、毛利さんが担当される「豚の丸焼き」へ…「豚の丸焼き」はもう、一言で言うなら、超高級なハムの味!
いや、ハムの何倍も新鮮でジューシーな感じですが、一言で言うなら超高級なハムの味m9(・∀・)ビシッ!!
もちろんハムよりも何倍も美味い!手間暇かけてくるくる回してゆっくり炙った、この美味しさ。最強!
しかし、同席していたHるみちゃん曰く、「一言で言うなら超高級なハムの味!」

アウトドア料理の達人毛利氏が、ナイフで削ぎながらお皿に盛りつけてくれます。

P1090120

しあわせだなぁ~

もう、まるで海辺で戯れる加山雄三のような気分で一日を過ごしたのでした。

Re

今回も、食器はリユース食器を使用。

「よだれは出してもゴミ出すな!」の精神ですね。

スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。こういうのは毎月でもやってほしい!切に願うゼロ谷がお送りしました。少しばかり、がっついたレポートとなりましたがお許し下さい。

Dc10 ■美愁湖・砥石の滝

さて、四月のくるくるハウスイベントは「お花見カヤック・水面くるくる」!!もう、この4日の日曜日です。場所は正木ダム・美愁湖公園。普段見慣れた美愁湖でカヤックを漕いでみませんか?
朝10時、昼13時、午後3時の3回に分けての予定ですが、何時でも、来られれば必ず乗られます。少々お待ちいただくかもしれませんが乗れますよ。
当日、用意しているカヤックは1人乗り5艇、2人乗り2艇、カナディアンカヌー3艇の合計10艇!皆様、ぜひ一度体験してみてください。綺麗な湖があるのに使わないともったいないと思いませんか?お待ちしています。(注意:レクリエーション保険料500円が必要です)

| | コメント (2)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »