« 出張くるくるショップ | トップページ | 読売テレビ「ミヤネ屋」! »

リニューアルオープン間近だね!

今日、カイ(息子)とゴミステーションに行ってゴミを捨ててきたんだけど、

”久々に”くるくるショップに寄ってみました(店長(他薦)とは思えない発言・・・・)。

めっちゃいい感じになってるし・・・・

200611051315000

カイ、いきなり「子供コーナー」に飛びつきました!

ってか、商品、減りすぎだし・・・・すげぇ~~「売れ行き」!!

感動だわ、マヂで。

で、ちょっと整理していたら、客人が数名・・・

その中でおばちゃんといいお年頃の娘さんが現れて、

おばちゃんってば、「プランタースタンド」(鉢植えを入れて飾るようなやつ)に飛びついて

「あたし、こんなの欲しくて、自分で作ろうと思ってたのよ!」って、もう目をウルウル。

「ホントにタダでいいの?」って言われたから、

「ハイ、お気持ちをいただけるのでしたら『カンパ箱』がございます・・・」的なことを

説明したら、その人の娘さんがわざわざ車からお財布を取ってきて

なんと「せんえんさつ」っちゅうもんを投入してくださいました!

そしたらそのおばちゃん、今度はあの、ステキな花瓶に喰らいついてたんで、

「せんえんさつ投入」にすっかり舞い上がった店長(他薦)は

「その花瓶もステキですよねぇ~~♪私もホントは欲しいですもの・・・・」と

オススメしたところ、そちらも”お買い上げ”下さいました。

超感動っす!!

でも・・・・商品の写真を全く撮ってないことに猛省・・・・

新たな”商品”もガッツリ入っているようだし

くるくるショップがどんどん盛り上がっているように感じて、

店長(他薦)としても鼻高々、背も高々、プライドも高々です。

明日は”出勤予定”です。

|

« 出張くるくるショップ | トップページ | 読売テレビ「ミヤネ屋」! »

コメント

くるくるショップのことは、6月に放映された宇宙船地球号「葉っぱがお金に変わる」で見て、すごいお店だなあと思っておりました。
あれよりすごくなるようにリニューアルオープン間近ですか?
写真はふつ~の家の中に自然に商品が並んでいるという感じですね。商品が生きています。
「せんえんさつ」のひびきも、モノのイノチを感じます。
 もっと店内の写真がみたいものですが、これは楽しみにしております。静岡より

投稿: 静岡の壷阪 | 2006年11月 6日 (月) 05時54分

私も仕事場でミヤネヤさんからの電話取っちゃいましたよー。で、すかさずNちゃんの名前出して振っときましたー。よろしくねー。
 くるくるショップは最近行くたびに模様替えしてますよね。自分の出したモノが無くなってるともんのすごくうれしいっす。自分の娘を嫁にやった気分です。へへへ。
壁際に棚がもうちょっとあるとショップの雰囲気がでて、ディスプレイもしやすいかも・・・。って自分がやってるわけでもないのになんかしたくてたまんないこのごろです。みなさん、楽しんでがんばってくださいね。

投稿: HAL2000 | 2006年11月 6日 (月) 11時10分

静岡の壷阪さん・HAL2000さん コメントどうもありがとうございます。いやいや、くるくるショップに関するご提案、もっとこうしたらいいんじゃないか等のアドバイスはぜひぜひご遠慮なくお寄せください。くるくるショップとう場を上勝の町民のみなさまにもっと利用しやすい場所にしていくことが、「ゼロ・ウェイスト」に近づく大きなキーになっていると思います。まだまだ使える不要品がくるくるショップを通らずごみのコンテナの中に入っていくことが多いのが現状です。くるくるショップが整備され町民の方に浸透ししていけば、また一層町民の方の意識も高まっていくだろうと思っています。ですので、町民の方々のくるくるショップ等に関するご意見をどうぞお聞かせください。

投稿: やまちゃん | 2006年11月 7日 (火) 10時39分

提案などと大それたものはありませんが、現実と夢のお話を少し。
私たち静岡では、毎年清掃工場を使って、不用品交換市みたいなものをやっています。また1年半前から、お店形式でエコハウス静岡をオープンしました。
はっきりしていることは、皆さん持込は勢い良いですが、お持ち帰りが、それと比べれば少ないです。
くるくるショップも似たような現象になりがちなのだろうと思います。
是非、そこを乗り越えた文字通り「くるくる」と回って欲しいものです。

そこで、私の夢のイメージです。
日比ヶ谷ゴミステーションは町民の皆様が必ず集う場所。そこにくるくるショップがある。ただ、捨てに来るだけでなく、そこで人々の語らいがある。あそこに行けば、モノがあるだけでなく、ヒトがいる。という常識・雰囲気が生まれたらどうだろう。くるくるショップは第二の我が家。置いてあるものは、自分自身と町民みんなの共有物。ヒトと語らいモノを見つめる中で、潜在的に、心の中まで、くるくるの記憶が残っていく。
家にいたり、量販店にいて、ふと欲しいものを思い浮かべ買うことを思う時、捨てる時を想像し、捨てるにしても、次に使ってもらえるもの…などなど、イメージが広がっていく。

つまり、くるくるショップがコーヒーショップだったり、喫茶店だったりし、来訪者が御代を置いていく。そこでカンパとお茶代で、くるくるショップに運営費が捻出される。
という感じはいかがでしょうか?

くるくるショップが、有名になり、更に上勝町が繁栄する…
私も早く行ってみたいです。
静岡より、心は上勝に置いて。

投稿: 静岡の壷阪 | 2006年11月 8日 (水) 05時53分

はじめまして!私ダイオキシン問題で有名になってしまった大阪の北部に住んでいます。ほんの16分別に参ってます。たまにはリサイクルショップに不用品を運びますが、まだまだ自分の中ですっきりしません。色々勉強させてくださいね。

投稿: みか | 2006年11月12日 (日) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リニューアルオープン間近だね!:

« 出張くるくるショップ | トップページ | 読売テレビ「ミヤネ屋」! »